賃貸

家賃の決め方

家賃ってどうやって決めているの?

 

 

 

大家さんの意向?

管理会社が決めている?

 

 

 

最終的には大家さんの判断ですが「相場」が大きく影響します。

 

 

 

 

相場を決める要因を分類すると以下のとおり

①立地

②部屋の広さ

③建物の築年数

④設備

⑤その他

 

 

 

それぞれを詳しく解説しましょう。

 

①立地

・駅に近い

・利便性が良い

まず、こういった立地は「土地の値段が高い」のです。

土地の値段が高いと、当然に家賃は高くなります。

 

さらに

・学校が近い

・平坦地

といった要因があればプラス要素となります。

 

または

・学校が遠い

・高台で坂を登る

・スーパーなどが近くにない

などは、マイナス要員となりえます。

 

 

 

②部屋の広さと間取

単純に広い部屋は高く、狭い部屋は安い。

賃貸不動産業界では、平米数で表記することが一般的です。

 

他にも「間取」といった要因も影響します。

最近では「L」つまり「リビング」を重視する人が多く、リビングの有無や、その広さは家賃に影響します。

「2DK」に比べ「2LDK」は人気が高い傾向にあるため、家賃は「2LDK」のほうが高くなります。

 

 

 

③建物の築年数

古いと安い。

新しいと高い。

新築は特に高いです。

誰かが1度住んだ部屋は、たとえ新築から1年経っていなくても、それはもう新築ではありません。

だからこそ新築には「プレミアム感」があるため、当然に家賃は高くなります。

 

 

 

④設備

・オートロック

・エレベーター

・オール電化

・インターネット無料

・宅配ボックス

・駐輪場

など、他にもいろいろとありますが、このような設備が付いていると快適な生活を送ることができます。

あれば嬉しい設備ですが、設置するためにはもちろん費用がかかりますので、設備が充実している部屋ほど家賃は高くなります。

 

 

 

⑤その他

①~④の他にも

・建物の構造

・階数

・陽当たり

・周辺の道路幅

・駐車場の有無

・リノベーション(リフォーム)済み

など、その他様々な要因が家賃に影響します。

 

例えば「同じ建物・同じエリア・同じ広さの部屋」であったとしても「陽当たりが良い2階は家賃が高く、陽当たりが悪い1階は家賃が安い」ということもあります。

他にも

・周辺の道路が狭いので家賃が安い

・木造よりもRC(鉄筋コンクリート)造の建物のほうが家賃は高い

といったことあります。

 

 

 

このような「要因」「相場」を照らし合わせて家賃は決められているのです。

大家さんは「なるべく高く貸したい」が本音です。

でも周りにある他の同条件の物件よりも、割高な家賃では誰も借りません。

そのため、大家さんの意向だけで家賃を決めるのではなく、不動産屋や管理会社と相談して「その物件の適正な家賃」を決めることが多いのです。

 

 

 

家賃の決め方はご理解いただけましたでしょうか。

では、自分にとっての適正な家賃はいくらなのか。

これも、収入や家族構成、通勤・通学など様々な要素が関係します。

下記店舗へお越しくださいますと、お客様にとってベストなご提案をさせていただきます。

ご相談、お問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

アパマンショップ青江店

http://www.sunhome-okayama.co.jp/shop/detail/3

 

アパマンショップ岡山駅前店

http://www.sunhome-okayama.co.jp/shop/detail/5

 

アパマンショップ岡山大元店

http://www.sunhome-okayama.co.jp/shop/detail/4

 

アパマンショップ岡山門田屋敷店

http://www.sunhome-okayama.co.jp/shop/detail/18

  • Renotta リノッタ
  • カウリノ 買うリノベーション
  • 空室のお部屋をサンホーム岡山がお借りします!