売買

住宅ローンについて

本日は、住宅ローンに関する金利のお話です。
 
 
 
住宅ローンは35年で借入をするなど、長期の返済計画となりますので、慎重に金利を選択する必要があります。
 
 
 
 
金利の種類は、大きく分けると2パターン。
 
 
・変動金利
 
・固定金利
 
 
よくある商品で、3年固定5年固定10年固定といった商品がありますが、これらは固定金利ではないので、ご注意ください。
 
 
 
 
固定金利ではない???
 
 
 
 
 
 
そうです、あくまで変更金利の特約として、一定期間のみ固定される金利タイプなのです。
 
 
 
 
 
仮に5年固定を選択された場合、当初5年間は金利が固定されるため、当初5年間の返済額は均一です。
 
 
ところが5年を経過したときには金利を再選択する必要があるのです。
 
 
ここに◯年固定パターンの落とし穴があります。
 
 
 
 
 
 
この商品の多くは、当初◯年間のみ金利を優遇しますといったものです。
 
 
 
 
 
では◯年を過ぎたら?
 
 
 
 
 
借入時と金利がまったく同じであったとしても金利は上がる可能性が大です。
 
 
 
 
 
???、、、ですよね。
 
 
 
 
 
 
では、例として
 
 
3年固定 0.5%
(店頭金利は2.8%で当初3年間2.3%を優遇、それ以降は1.0%を優遇)
という商品があったとします。
 
 
 
すると
 
 
 
3年後、金利が上がっていないからといって、再び3年固定を選択した場合、1.8%(2.8%から1.0%を優遇)になります。
 
 
これでは「最初に5年固定や10年固定などを選んでいたほうが良かったな」となってしまうわけです。
 
 
※このパターンが大半ですが、その限りではありませんので、各金融機関の商品内容をよく確認してください。
 
 
 
 
 
では固定金利ってなに?となりますよね。
 
 
 
代表的なものは2パターン。
 
・全期間固定(借入期間中のずっと固定)
 
・段階金利(当初◯年間◯%、それ以降◯%)
 
 
 
どちらも金利は約束されており、変動はなし。
 
デメリットは変動金利に比べて金利が高いこと。
 
 
 
 
 
逆を返せば、変動金利は金利が低いことが最大のメリットです。
 
 
金利が低ければ返済額は少なく、借入元金が早く減ります。
 
 
 
 
 
どれが良いのか?それは人様々。
 
・借入額
・借入年数
・無理のない返済額
・家族構成やご年齢
 
様々な情報から分析して最適な借入方法をご提案いたします。
 
住宅ローンのご相談だけでもお気軽にどうぞ。
  • Renotta リノッタ
  • カウリノ 買うリノベーション
  • 空室のお部屋をサンホーム岡山がお借りします!